口コミで評判、独自の取り組みで学習する個別指導塾、スクールIE

つまずいた場所へ戻る

日本は少子化が進み、進学の割合が増えています。
家計の教育費の占める割合も大きくなりつつあります。
保護者も子供に一層の教育費をかけるようになってきたせいです。
学校以外の習い事をさせる家庭が増え、ピアノや習字、サッカーや水泳などのスポーツのほかに、学齢期を超えると学習塾も習い事に加わるようになりました。
中学生になると、部活が始まるので、一般的な習い事は減り、なんらかの学習塾に通う生徒が増えます。
従来は集団指導の塾または家庭教師に2分されていましたが、昨今は個別指導塾が主流になっています。
指導する場所を除けば家庭教師と個別指導との内容差は少なくなってきているといえます。
この先も個別指導が主流になることは変わらないと考えられます。

学校教育が公立の場合は特に、生徒が少ないため、学校に十分に教科担当できる教師が存在できません。
すなわち専門教科の教師がその教科を指導するとは限らない状況で、社会科の先生が1年間英語を教えることもあります。
保健室登校でなくても、学校の授業が理解できない生徒、十分指導されきれてない生徒は、どこかで学習を補充する必要がでてきます。
また、学校では目標とする高校受験レベルに達していない生徒に対して必要十分な補習は実施されません。
あとは自分で補う必要があり、塾を否定的な見方をする先生は今は殆どなく、むしろ塾で行われることが暗黙のこととなっています。
学校の先生は細やかに一人一人の試験に対する実力が把握できていないからです。